スタッフブログ

壁はどんなのがいい?

リフォーム

あべ りょうこ

2016.04.01
こんにちは、増田です。 ↓写真は私が飼っていたわんこです。 かわいいんですよ〜!(・・・親バカです) IMG_0252-1 以前ホームページ内で「+wanの家」という わんこと快適に暮らす家づくりについて 書いていたことがありました。 そのページは今は見れなくなってしまいました。 そこで、また少しでもご参考になればいいなと思い、 前回に引き続き 今回も「ペットと快適に暮らす家づくり」シリーズです。 しばらく続きます・・・(^_^;) 〜〜〜〜〜〜 第2回 壁はどんなのがいい? 犬が顔や体をこすりつける等で壁が汚れる、 引っ掻いたり、かじったりして壁や角ばっている箇所を 傷つけたり、穴を開けてしまうことも。 そんな場合は腰壁がオススメです。 腰壁は、一般的には腰の高さ(90cm)に硬い 素材を張り巡らせますが、犬の高さに合わせて 小型犬なら低くてもいいですね。 *********************** 壁の種類・・・ *木貼 SONY DSC 腰壁で使うといい。 インテリアとしてもアクセントになる。 耐傷性に優れている素材もあり、猫が引っ掻いても 傷がつかないものも。 *タイル 腰壁で使うといい。 素材感と調湿など機能性を持ったタイルもある。 強度があり、汚れがつきにくく、掃除しやすいので 玄関まわりや犬の足洗い場やトイレスペースなど、 部分的に使うと効果的。 *塗り壁 (珪藻土など) 調湿効果、消臭効果がある。 汚れが付きやすく、掃除がしにくいので腰壁より上に 使うと効果的。 *ペット対応壁紙 引っかき傷に強い、衝撃に強い。 抗菌性・汚防止性に優れているので、汚れたら簡単に 拭き取れる。汚れが落ちやすい。清潔に保てる。 *********************** 使う場所と素材、または組み合わせなどで 気になる臭いや汚れなどをクリーンな環境に、 インテリアもステキな空間でペットと一緒に 過ごしたいですね。  

Category

Archive